DELTATT企画部長のお気楽のほほん日記


by jewel-ransrot
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

雨降り地区

b0146688_12283814.jpg

幸せと愛の奇跡に満ちた、「虹の橋」の入り口に

「雨降り地区」」と呼ばれている場所があります。

そこではいつも シトシト冷たい雨が降り、動物たちは寒さに震え、

悲しみに打ちひしがれています。

そう、ここに降る雨は…

残して来てしまった「特別な誰か」の流す涙なのです。

多くの子は半年もしないうちに、暖かい陽射しの中に駆け出して、

仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。

ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも…。

b0146688_1229314.jpg

でも、1年経っても2年経っても、

ずっと「雨降り地区」から出て行かない子たちもいます。

…出て行けないのです。

b0146688_12294612.jpg

地上に残して来てしまった、「特別な誰か」がずっと悲しんでいるので、

皆と楽しく遊ぶ気持ちになれないのです。

地上に残して来た「誰か」と同じ想いで、同じ悲しみに凍えているのです。


死は全てを奪い去ってしまうものではありません。

同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶は、

二人の心から、永遠に消え去る事はないのです。

b0146688_12311170.jpg

地上にいる「特別な誰か」たちの、幸せと愛に満ちた想い出こそが、

「虹の橋」を創りあげているのです。

b0146688_1239295.jpg

ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。

彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。

そして、何よりも大事なことを、伝えにやって来たのです。

命の はかなさと いとおしさ、 そして 尊さ。

束の間の温もりに感じる 慈悲の心…

その短い生涯の全てをもって、教えてくれるのです。

癒えることのない悲しみだけを、最後に残したのではありません。

b0146688_12461871.jpg

もう一度思い出してください。

動物たちが残して行ってくれた、形にも、言葉にもできない、いろんな宝物を…

「ありがとう」・・と あなたも  彼らも伝えたかった心…

b0146688_12482233.jpg

「雨降り地区」に、少しでも暖かな光をください。

それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。

「虹の橋」にいる、彼らの姿が見えるはずです。

信じる心のその中に、必ずその場所はあるのですから…。

b0146688_12495455.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「虹の橋」のつづきのお話だそうです。

「さみしい」とおもうキモチがけっしてわるいわけではなく

そのキモチごといっしょに前に進んでいくこと。

それがたいせつなのかなぁと思います。


ジュエル部長を失ったいま、

またひとつ、ジュエル部長が与えてくれる愛情に

気づくことができたように思います。
[PR]
# by jewel-ransrot | 2014-05-21 13:06 | つぶやき