DELTATT企画部長のお気楽のほほん日記


by jewel-ransrot
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ありがとう、また会おうね。

ぼくな、

ちょっとはやいんやけど

おそらにいってくるな。


みんなにおわかれのあいさつ

ぜんぜんできひんかって

ほんまにごめんやで。


みんなといっしょにあそべて

ほんまにたのしかったで。



ほんま ありがとう。



ぼく、おそらでだいすきなみんなのこと

ずっとずっとみまもってるで。


だから

さみしいなんでいわんといてな。


また、あおうね。

b0146688_18473148.png


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014年1月11日の午前0時すぎ、

有限会社 俊栄の大切ななかま、ジュエル部長が

天国に旅立ちました。


昨年の5月頃からあたまにこぶができだし

何度か原因が分からない鼻血を出すことがありました。

病院で診察していただいて鼻血などは治まりましたが

こぶが小さくなることがありませんでした。



本人はとても元気にしていたのですが

あまりにも気になるので7月に大学病院でMRIや精密検査をしていただいた結果、

頭に軟骨肉腫があることがわかりました。


すぐに手術をしても完全に取り除くことはできない、ということ。

大きな手術になるので、手術後も体力的にもつらい治療がつづく、ということ。

手術をしても長期間の延命は期待できない、ということ。


これからをジュエルとどのように過ごしていくか。

どの選択がジュエルにとってしあわせなのか。


いろんな方からの意見やアドバイスも聞きながら出した結論は

ジュエルにとってつらい手術や治療はせず

痛みを和らげながら

いっしょに病気とたたかっていくことでした。



精密検査をうけた後にめっきり体調をくずし、

いろんなことを怖がるようになったジュエルの姿を見、

これからの残された時間

ジュエルとわらってすごせることを願い、選択しました。


8月の社員旅行は、ジュエルにとって最後の旅行になるかもしれない。

そんな想いをかかえながら行った海あそび。

元気いっぱいあそんで、いっしょにたくさん想い出をつくることができました。


お世話になっている動物病院の先生も

本当にいろいろとサポートしてくださり、励ましてくださりました。


ジュエルが少しでも、痛みが和らぐように、つらさを取り除けるように

穏やかに病気とたたかっていけるように。


そんなわたしたちの想いを察してか、

しんどかっただろうに、つらかっただろうに

じっとこらえ、いつもそばで過ごしてくれました。


どんどん大きくなっていく腫瘍は、どんどんジュエルの頭部を圧迫し

ジュエルは痛みをこらえるように、眠ってすごすことが多くなりました。


いつしか大きな痙攣を起こすようになり、

わたしたちの目に見えないところで

どんどん腫瘍がジュエルを脅かしていることを実感しました。


ジュエルをかわいがってくれるみなさまには

最後までジュエルと、笑顔で楽しい想い出をのこしていただきたかったので

病気のことは、あまり言うことができませんでした。


そして

12月16日の朝、会社で過ごしているときに

今までにない大きな痙攣発作を起こして以来、

ジュエルはおうちで闘病生活を送るようになりました。



BOSSは業務を行いながら、

できるかぎりの時間をジュエルのそばで過ごし、

看病を行っておられました。


以降の闘病生活は、腫瘍による発作とたたかい、痛みに耐え

おそいかかる幻覚とたたかうジュエルをいたわる日々だったそうです。


ジュエルの体調がいいときは、まるで病気がウソのように

穏かでやさしい時間を過ごすことができたとおっしゃられていました。


年があけて、やがてジュエルは、どんどんごはんが食べられなくなっていきました。


それでも、一生懸命少しだけでもごはんを食べていましたが

亡くなる数日前には、もうお水を飲むのが精一杯だったそうです。


やがて昏睡状態のような時間が多くなり、

1月11日の深夜0時をすぎたころ

ゆっくりと穏かに息をひきとりました。


おうちでの闘病生活になってからは

どんどん変化する病状をきき、心を痛める毎日でした。


お医者さまからは、余命2~3ヶ月といわれていたのに

ジュエルは、半年も病気とたたかい、いっしょに過ごしてくれました。


BOSSも、

納得のいくまでジュエルを看取ることができ、悔いはない、とおっしゃられていました。


ジュエルも、今はつらい痛みからも解放され、

天国で元気に走り回っていることかと思います。


わたしは今はまだやっぱりさみしくてかなしくて

ふと考えこんでしまうと胸がくるしくなります。



これからもまた時折、

ジュエルとの楽しい想い出ばなしをここに書き込んでいけたらと思います。



BLOGをみてくださっているみなさまへ

ご報告が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。


そして、ジュエルを愛してくださり、本当にありがとうございました。




b0146688_19415959.png



拙い文章で申し訳ありません。どうぞご容赦ください。
[PR]
by jewel-ransrot | 2014-01-13 19:53 | ぼくのこと